TOP>ARTIST PROFILE >ARTIST PROFILE yoshimura 

風景フォトグラファー

吉村 和敏
KAZUTOSHI YOSHIMURA

1967年、長野県松本市で生まれる。
県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。
退社後、1年間のカナダ、プリンス・エドワード島での暮らしを綴った写真集を出版し、
写真会にデビュー。
以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、
意欲的な撮影活動を行っている。
自ら決めたテーマは長い年月を費やしながら、丹念に取材し、
発表した各作品は「光・影・風を繊細にとらえた叙情的な風景描写、
人の感情や息づかいが伝わる人物写真」などと評されてきた。
定期的に全国各地で開催している個展は、年々来場者が増え続けている。
昨今は、雑誌の連載やエッセイ集の出版など、表現の幅を広げている。
2003 年 カナダメディア賞大賞受賞

【 作品 】
『プリンス・エドワード島』(講談社)
『光ふる郷』(幻冬舎)
『草原につづく赤い道』(金の星社)
『あさ/ 朝』(アリス館)
『緑の島に吹く風』(光文社・知恵の森文庫)
『ローレンシャンの秋』(アップフロントブックス)
『こわれない風景』(光文社)
『林檎の里の物語』(主婦と生活社)
『BLUE MOMENT』(小学館)
『PASTORAL』(日本カメラ社)
『「フランスの美しい村」全踏破の旅』(講談社)
『Shinshu』(信濃毎日新聞社)
『カスタム・ドクター』(ノストロ・ボスコ)

↑PAGETOP