TOP > 第二回全国名月サミット

日本全国の夜景情報の発信や「日本新三大夜景」などの夜景認定事業などを通して夜景観光の推進を行う、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都中央区、代表理事:丸々もとお)と、KNT-CTホールディングス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:戸川和良)は、2017年2月10日(金)、東京の一大人気スポット「東京スカイツー®・東京ソラマチ®」において「第二回全国名月サミット」を開催した。当サミットでは、『日本百名月』として新たに登録認定となった全国7ヶ所の名月スポットが発表され、その認定式も執り行なわれた。第一回目の認定14ヶ所と合わせて、合計21ヶ所の名月が選出されたことになる。「日本百名月」プロジェクトは、「月の魅力」を時代に即した観光視点から捉え、より強大な日本の夜景資源へと昇華させることを目的に、2016年3月に発足した。日本各地に点在する「美しい名月」の魅力を国内外の観光客にアピールし、日本の名月の観光資源化を目指す。あえて例えるなら「日本百名山」の「お月様」版と言えるだろう。「百名月」の選出には7つの厳しい基準が設けられており、専門家による名月鑑賞スポットの調査を経て審査が行われる。第一回の認定では、全国4700名の夜景鑑賞士の投票を含めた、客観的なデータも採用・検証を踏まえて認定・登録が行われた。東京オリンピックが開催される2020年までに、「百名月」の名の通り100ヶ所の認定を目指す計画だという(※丸々もとお氏)。地球上のどこからでも鑑賞できる「月」を観光資源として、新たな価値を創造する日本初のプロジェクト「日本百名月」。今回新たに登録・認定された、観光協会や観光施設の参加者は、「百名月」認定による経済効果や今後の拡がりに大きな可能性を感じているようだ。

<今回あらたに「日本百名月」に認定・登録された7スポット>

<新たに認定・登録された観光協会・観光施設の参加者と丸々もとお氏(※写真左)>

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー:代表理事の丸々もとお氏による冒頭挨拶では、「月は五穀豊穣や不老不死を意味する。影があって光があり、光があって影がある月の魅力を訴えていきたい」と語り、各地の代表が取り組みについてのプレゼンテーション、各参加者の交流会が行われた。

<代表理事:丸々もと氏の挨拶>

<各スポットのプレゼンテーション>

<授賞式の様子>

<Sky Restaurant634(展望デッキ内)での交流会>

■認定登録第15号(種別:A類)
伊豆北川温泉ムーンロード(静岡県東伊豆町)
~ 伊豆の海を照らし出す神秘的な世界感 ~
※名月を観光資源と捉えた様々な施策を行う

■認定登録第016号(種別:A類)
東京スカイツリー®から望む月(東京都墨田区)
~ 自立式電波塔世界一の高さから望む名月 ~
※名月に関するイベントも実施

■認定登録第017号(種別:B類)
岳南電車から望む月(静岡県富士市)
~ 名月と工場とノスタルジーな駅舎の融合 ~
※列車内の照明を消灯して夜景を楽しむプランも

■認定登録第018号(種別:A類)
東京タワーと月/満月ダイヤモンドヴェール
(東京都港区)※名月を楽しんでもらうための、ライトアップ消灯イベントも実施

■認定登録第019号(種別:B類)
織姫神社から望む月(栃木県足利市)
~ 渡良瀬川と足利市街の牧歌的な夜景と名月 ~
※神社の雰囲気も含め情感溢れる名月鑑賞

■認定登録第020号(種別:A類)
伊予大洲の月(愛媛県大洲市)
~鵜飼や4層4階の天守閣と名月 ~
月を愛する心が巧みに取り入れられた臥竜山荘

■認定登録第021号(種別:B類)
月見の森から望む月(岐阜県海津市)
~月見台からは海津市街&濃尾平野と名月が~
※その名の通り、名月を存分に楽しめる

認定登録された受賞者のコメント

北川温泉観光協会の近藤純司会長は「後世に残したい日本の名月に選ばれたのは地域の誇り。認定をゴールではなくスタートにしたい」とコメント。太田長八町長は「観光資源として滞在型観光に結び付け、国内外に向けた情報発信に取り組む」と決意を新たにした。富士市の広報担当者は「日常の中にある良い風景に、多くの人が気付くきっかけになってほしい」と願いを込めた。岳南電車を核にまちづくりを手掛ける一般社団法人「フジパク」(同市)の山崎裕敏代表理事は「暗闇の中に浮かび上がるほのかな明かりを捉えるというこれまでの方向性が評価された」と喜びを語った。

日本百名月公式ロゴマーク

■「日本百名月」プロジェクト公式サイト
http://japan100moons.com

■「日本百名月」の選出方法・認定手順・認定種別
http://japan100moons.com/about

主催者メッセージ

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
代表理事:丸々もとお氏

近年、「夜景観光」の発展にともない、中秋の名月にちなんだ観光目的の観月イベントも増え続け、月の魅力を伝える書籍やメディア等でも扱いも増加しています。
また、ホテル、旅行業、観光事業、交通、展望施設、エンタテインメント施設ほか様々な分野でひとつのビジネスシーズとして注目されています。
しかしその一方で、関係する事業者は各々でプロモーションを行う等と広がりがなく、観光集客に直結するコンテンツとしても発展途上という課題があります。
そこで、特に後世に残したい名月を、一定基準のもとに「日本百名月」として認定・登録し、スケールメリットを生かすことはもちろん、名月観光に従事する事業者連携より新たなる価値の創造を目指すこととなりました。国内の名月鑑賞地をまとめた試みは日本初のプロジェクトとなりますが、皆様の御支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

KNT-CTホールディングス株式会社
取締役国内旅行部長:斉藤篤史氏

明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録や日本遺産の選定は、国内における広域観光連携の始まりを感じさせるものとなりました。日本の観光地のなかで、「月」がつく観光地の数は少なく、これまで「月」を観光題材にして大々的なプロモーションが行われる事例は皆無に近い状態でした。
しかしながら、「月」に因んだイベント等は全国を見渡すと200箇所を超える事例が存在しています。「日本百名月」は、どこからでも観賞できる「月」を観光の最大資源として取り上げ、広域観光連携を進める取り組みです。
「月」を愛でることによる宿泊需要の創造、新たな観光誘客の「みちしるべ」となるべく、旅行商品として成熟させて参りますので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

↑PAGETOP